公園施設案内FACILITY/SERVICE

香りのばら園エリア

香りのばら園は各テーマに沿った7エリアで構成されています。
当ばら園は、長岡市内の愛好家が無償で一般に公開していたばら園が平成13年(2001年)に閉鎖されることとなり、存続を望む市民の要望を受けた長岡市の仲介により、当公園が900株にも及ぶばらの寄贈を受け、平成15年(2003年)春に開園しました。
長年慈しんだばら達を残したいという思いを継承するとともに、新たな取り組みとして世界初となる香りの品種毎にばらを区分して、それぞれの特性を強く感じることの出来る「香りのエリア」を築きました。
ばら園の存続に尽力された人々の熱意に思いを致し、いろいろな香りをお楽しみください。

ばら園のエリアマップ

越後丘陵公園のばら園は、モダンローズを主に植栽している『香りのエリア』『色彩のエリア』『ばらと草花のエリア』と、古代ばらの栽培品種の系統がご覧いただける『原種・オールドローズのエリア』、日本の野生ばらのみを植栽している『日本の野生ばらのエリア』、世界ばら会連合が3年に1回開催する「世界ばら会議」で選ばれた“殿堂入りしたばら”を植栽した『殿堂入りしたばらのエリア』、国際香りのばら新品種コンクール受賞作品を植栽している『国際香りのばら新品種コンクール受賞作品』及び国際香りのばら新品種コンクールの『試作場』のエリアで構成しています。