1. トップページ
  2. プレスリリース:【プレスリリース120713】第5回障がい者ディスクゴルフ日本選手権開催!

お知らせ プレスリリース

【プレスリリース120713】第5回障がい者ディスクゴルフ日本選手権開催!

国営越後丘陵公園では、7月15日(日)・16日(月祝)の2日間、“障がい者・健常者が共に競い合い、楽しむスポーツ”として、ディスクゴルフの普及を図ることを目的とした「第5回障がい者ディスクゴルフ日本選手権」(主催:日本障害者ディスクゴルフ協会)が開催されますのでお知らせいたします。


今年で5回目となる今回は、障がい者とサポーター(健常者)計45名が参加予定です。

車椅子の方でも楽しむことができるように配慮された、「緑の千畳敷」内特設コースにて競技が行われます。

また今回は、ワールドツアーで活躍されている日本を代表するプロディスクゴルファー実(じつ)広(ひろ)泰史(やすし)氏※もサポーターとして参加されます。
※千葉県の養護学校教諭で障害者ディスクゴルフの普及に尽力されている方です。


なお、国内では、障がい者が参加して全国規模で行われるディスクゴルフ大会は、本大会が唯一となっています。

障がい者やサポーター同士がコミュニケーションを図りながら、入賞やベストスコアを目指し、2日間のプレーを競います。


夏空のもと熱く繰り広げられる、白熱したプレーをぜひご覧下さい。

2012年07月14日13時40分更新

このページの先頭に戻るプレスリリース一覧