公園の樹木

樹木

ユキツバキ / Camellia japonica var.decumbens

写真:ユキツバキ

雪の多い地方にはえる椿で、細い幹が根元から群がってでます。積雪にも耐え、幹には弾力があります。早春には赤い花が鮮やかです。県内でも雪の少ないところにはヤブツバキも生育します。ヤブツバキとの違いは、ヤブツバキは高さが5〜6mになるのに対し、ユキツバキはせいぜい1〜2mです。また、花のおしべは、ヤブツバキは半分から下がくっついて筒状になるのに対し、ユキツバキは根元まで分かれています。

分類ツバキ科ツバキ属
時期
123456789101112
葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 開花時期 開花時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期
エリア園内全域
分布域本州(岩手県〜石川県の日本海側)
公園内の生育環境林床に生育しています
形態・見た目高さは1〜2mの常緑低木です。根元は株状に別れ、弾力があります。葉は光沢のある深緑で、縁には細かいギザギザがあり、枝に交互につきます。花は花びらが赤くふつうは5枚です。真ん中には黄色いおしべがあり、ごく根元のほうでつながっています。
名前の由来・別名雪国に多く生える椿ということから名づけられました。
その他観賞用として多くの園芸品種がつくられています。

このページの先頭に戻る