公園の樹木

樹木

ヤマブドウ / Vitis coignetiae

写真:ヤマブドウ

つる性の木です。秋に紫黒色のおいしい実をつけます。山の動物にとっても重要な食料です。林縁や山地の開けたところに生育します。

分類ブドウ科ブドウ属
時期
123456789101112
        葉緑時期 開花時期 葉緑時期 葉緑時期 紅葉時期 紅葉時期    
エリア園内全域
分布域北海道・本州・四国。千島列島・樺太・韓国・アムール・ウスリー。
公園内の生育環境岩や樹木にからみついています。
形態・見た目つるの長さは7〜8mにもなります。他の木に絡み付いて覆いかぶさります。葉は大型で、3〜5角形をしています。秋には赤く紅葉し、美しいです。普通のブドウに比べ実は小さく種は大きいですが、美味です。
名前の由来・別名山地に生えるブドウの意味です。
その他かつては甲州ブドウの品種改良に役立てられました。実は生で食べるほか、ジャムやジュース、果実種などの原料にします。また、つるは籠などの材料としても使われます。

このページの先頭に戻る