公園の樹木

樹木

ヤマツツジ / Rhododendron obtusum var. kaempferi

写真:ヤマツツジ

尾根などの日当たりが良い部分を好む半落葉低木です。環境のいい場所では花を沢山咲かせ、花の多いときには枝一面が朱色に変わります。花期は5〜6月でまわりの新緑に朱色がよく映えます。我が国では最も普通にみられ、ツツジ類の代表です。

分類ツツジ科ツツジ属
時期
123456789101112
        開花時期 開花時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期      
エリア自然探勝路橋〜中腹(500m)、自然探勝路最高点〜展望台
分布域北海道・本州・四 国・九州
形態・見た目主幹はなく根本から株立状となり樹形は不整形です。枝はよく伸長し高さは6m程になります。葉は楕円形で両面に粗毛があり全緑、多くは互生しますが、枝先のものは輪生します。やや小さい朱色〜赤色の花をつけます。雄しべは5本です。
その他葉の一部が冬場でも落ちずに枝先に残っている半落葉低木です。春と夏に出葉する夏の葉の一部が残ります。

このページの先頭に戻る