公園の樹木

樹木

マユミ / Euonymus sieboldianus

写真:マユミ

山地に生える中〜高木です。秋に小さな赤い実が目立ちます。コマユミと違って、赤い実は四角ばっています。この実も熟すと割れて中の赤い種子がのぞきます。

分類ニシキギ科ニシキギ属
時期
123456789101112
        開花時期 開花時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 紅葉時期 紅葉時期  
エリア園内全域
分布域北海道・本州・四国・九州。樺太・朝鮮南部。
公園内の生育環境斜面に見られます。
形態・見た目高さ3〜12mになる落葉中高木です。枝は緑色です。枝を挟んで葉が向き合ってつきます。黄緑色の花を5〜6月に咲かせます。10〜11月に四稜のある四角張った赤い実が熟し、割れて、中から赤い種子がみえます。
名前の由来・別名材が粘り強く、昔この木から弓をつくったことに由来します。
その他果実の形がおもしろく、きれいなために、庭木、盆栽にされます。材は版木、将棋の駒などに加工されます。

このページの先頭に戻る