公園の樹木

樹木

マルバマンサク / Hamamelis japonica var. obtusata

写真:マルバマンサク
写真:マルバマンサク

落葉性小低木で、高さ2−5mくらいになります。太平洋側のマンサクは葉が菱形になりますが、マルバマンサクは上半分が丸く、扇形になります。葉の形に変異がよく見られます。

分類マンサク科マンサク属
時期
123456789101112
    開花時期 開花時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 紅葉時期 紅葉時期    
エリア園内全域
分布域北海道西南部から本州日本海側の鳥取県まで
公園内の生育環境林床によく見られます。
名前の由来・別名マンサクの名前は、早春に雪があるうちから「まず咲く」からという説と、この花が多数咲いたときは豊年満作になるからという説があります。
その他日本海側に特有に生育する植物(日本海要素)のひとつ

このページの先頭に戻る