公園の樹木

樹木

ナツハゼ / Vaccinium oldhamii

写真:ナツハゼ

5月頃、枝先にのびる長い花穂に、淡黄褐色の鐘形の小花を下向きに密につけます。実は球形で、緑色〜黒褐色〜黒紫色と変わって晩秋に熟し、表面に白色の粉がつきます。酸味のある実は生食できます。

分類ツツジ科スノキ属
時期
123456789101112
      葉緑時期 開花時期 開花時期 葉緑時期 葉緑時期 紅葉時期 紅葉時期 紅葉時期  
エリア自然探勝路中腹(500m)〜展望台
分布域北海道から九州、朝鮮半島南部、中国の低山に分布しています。
形態・見た目楕円形で鋸歯はないのですが葉緑と葉の両面に荒い毛がありざらつきます。
名前の由来・別名初夏の新葉は緑が赤く染まり、ウルシ科のハゼノキに似ているのでこの名があるといわれています。
その他実はブルーベリーの一種で、果実酒やジャムとして利用できます。

このページの先頭に戻る