公園の樹木

樹木

タニウツギ / Weigela hortensis

写真:タニウツギ
写真:タニウツギ

沢沿いや林縁に濃いピンク色の花を多数しなだれて咲かせます。この花が咲くとワラビを採る時期とされています。また、長岡では「火事花」と呼んで庭には植えません。沢沿いや林縁、崩壊地などに生えます。

分類スイカズラ科タニウツギ属
時期
123456789101112
      葉緑時期 開花時期 開花時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期    
エリア園内全域
分布域北海道西部・東北・北陸・山陰の日本海側。
形態・見た目高さ5mになる落葉低木です。樹皮は縦に裂けます。枝の上部はしなだれます。葉は枝に向かい合ってつき、広い楕円形です。花は濃いピンク色で枝先に集まってつき、漏斗(ろうと)型です。葉低木です。葉は枝先に3枚が輪生し、丸みを帯びたひし形です。枝先から1〜2個の漏斗(ろうと)型の直径3cm程度の花をさかせます。花は紅紫色で、内側に濃色の斑点があります。
名前の由来・別名谷間に生える空木(枝の内部が中空な木)という意味です。

このページの先頭に戻る