公園の樹木

樹木

ズミ / Malus Sieboldii

写真:ズミ

リンゴの原種に近く、リンゴの台木として利用されました。初夏に白から淡紅色の花が数個束ねたように咲き、ごく小さなリンゴのような実を秋に沢山つけます。漢字で”酸実”と書くだけに、食べてみると酸味が強いと思われます。暖かくやや湿ったところを好んで生えます。

分類バラ科
時期
123456789101112
      開花時期 開花時期 開花時期 葉緑時期 葉緑時期 紅葉時期 紅葉時期    
エリア自然探勝路最高点〜フォリーの丘
分布域本州、四国、九州
形態・見た目葉は、互生し、鋭尖頭で縁に鋭鋸歯をもちます。主脈は、上面が凹み、下面に突出しています。枝に棘があります。4〜6月、白花を短枝の先に付けます。
名前の由来・別名樹皮が染料として使われるため”染み”が転じてズミになったと言われています。別名「コリンゴ(小林檎)」,「コナシ(小梨)」,「ミツバカイドウ(三葉海棠)」。
その他雌雄同株です。灰黒色で小片になり剥げる樹皮は、染料や絵の具の原材料となります。

このページの先頭に戻る