公園の樹木

樹木

コマユミ / Euonymus alatus f.ciliato-dentatus

写真:コマユミ

山地に生える低木です。秋に丸くて小さな赤い実がぶらさがっているのが目立ちます。赤い実は割れて、中の赤い種子がのぞいています。

分類ニシキギ科ニシキギ属
時期
123456789101112
        開花時期 開花時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 紅葉時期 紅葉時期  
エリア園内全域
分布域北海道・本州・四国・九州。南千島・樺太・ウスリー・中国東北部・朝鮮。
公園内の生育環境斜面に見られます。
形態・見た目高さ1〜2mになる落葉低木です。枝は緑色を帯びます。枝を挟んで葉が向かい合ってつきます。長い柄の先に黄緑色の花を5〜6月につけます。10〜11月に実が赤く熟し、割れて、中から赤い種子が顔をだします。
名前の由来・別名葉がマユミに比べて小さいことから名づけられました。「マユミ」は昔この木から弓をつくったことに由来します。

このページの先頭に戻る