公園の樹木

樹木

クズ(葛) / Pueraria lobata

写真:クズ(葛)

ツル性の多年草で、地下茎と種子で繁殖します。茎は長く伸び10m以上に達します。小葉は日光に反応して就眠運動(夜に葉を閉じる)を行います。昔の葛粉(くずこ)はこの植物の根から作られます。また、秋の七草のひとつでもあります。アメリカに帰化して強害草として猛威を振るっています。

分類マメ科
時期
123456789101112
          葉緑時期 葉緑時期 開花時期 開花時期 葉緑時期 葉緑時期  
エリア園内全域
分布域北海道から九州・奄美。朝鮮・中国本土・台湾・フィリピン・インドネシア・ニューギニアにも分布
公園内の生育環境斜面に広くはっています。
その他根はデンプンがとれ、葛粉となります。クズの根は葛根(かっこん)といわれ、発汗や解熱といった薬用になります。また、茎は葛布(くずふ)の原料となります。

このページの先頭に戻る