公園の樹木

樹木

キタコブシ / Magnolia praecocissima var.borealis

写真:キタコブシ

落葉高木です。葉が開くのに先立って白い花を咲かせます。花の下に一枚の小さな葉がついています。花の基部はわずかに紅色を帯びます。実は拳のような変わった形をしていて、種子は赤色をしています。平地から山地に生育しますが、谷沿いの斜面に多いです。

分類モクレン科モクレン属
時期
123456789101112
      開花時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 紅葉時期      
エリア園内全域
分布域北海道・本州中北部の日本海側
公園内の生育環境斜面に少しだけ見られます
形態・見た目高さは15m以上。樹皮は平滑で灰白色、老木になると縦に細かく割れます。葉は卵を逆さにしたような形で、縁にはギザギザはありません。
名前の由来・別名その実が拳に似た形であることに由来します。
その他キタコブシは本州の日本海側に特徴的な種です。

このページの先頭に戻る