1. トップページ
  2. 花と生きもの
  3. 樹木
  4. オオカメノキ(ムシカリ)

公園の樹木

樹木

オオカメノキ(ムシカリ) / Viburnum furcatum

写真:オオカメノキ(ムシカリ)

高さ5m程度の落葉低木。北海道から九州まで分布しますが、特にブナ林に多く見られます。早春、枝先に散房花序をつけ、周囲に大型の白い装飾花、中心に多数の両性花をつけます。実は赤く熟しますが、後に黒くなります。

分類スイカズラ科ガマズミ属
時期
123456789101112
      開花時期 開花時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 紅葉時期 紅葉時期    
エリア園内全域
分布域北海道・本州・四国・九州(対馬・屋久島を含む)
公園内の生育環境斜面に生育します。
名前の由来・別名丸い葉が亀の甲羅を思わせることから「大亀の木」といわれるという説がありますが、異説もあります。別名「ムシカリ」。葉によく虫が付くことから「虫食われ」が転訛したものともいわれています。
その他薪炭にも使われますが、よく撓う(しなう)ことから、弓や輪かんじきに用いられました。

このページの先頭に戻る