1. トップページ
  2. 花と生きもの
  3. 樹木
  4. ガクウラジロヨウラク

公園の樹木

樹木

ガクウラジロヨウラク / Menziesia multiflora var.longicalyx

写真:ガクウラジロヨウラク

落葉低木です。初夏の頃に、紅紫色の釣鐘型の花を下向きにたくさんつけます。葉は枝先に集まってつき、楕円形で裏面は白みを帯びます。ウラジロヨウラクのがくは小さく、ほとんど目立ちませんが、変種のガクウラジロヨウラクには長いがく片があります。新潟県では両方が見られます。山地の尾根部や林縁などによく生えます。

分類ツツジ科ヨウラクツツジ属
時期
123456789101112
      葉緑時期 開花時期 開花時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期  
エリア園内全域
分布域北海道(南部)・本州(東北地方・中部地方北部)に分布します。
形態・見た目高さ1〜2mになる落葉低木です。葉は枝先に集まってつき、楕円形で裏面は白っぽくなります。枝先に3〜10個の花を束状に吊り下げます。花は狭い鐘型で、先端は5裂し、紅紫色をしています。ウラジロヨウラクのがくは小さくほとんど目立ちませんが、ガクウラジロヨウラクはがく片が長くなります。
名前の由来・別名葉の裏が白っぽいこと、花が仏像などの飾りに使う「ようらく」に似ていることから名づけられました。

このページの先頭に戻る