1. トップページ
  2. 花と生きもの
  3. 樹木
  4. イタヤカエデ(板屋楓)

公園の樹木

樹木

イタヤカエデ(板屋楓) / Acer mono

写真:イタヤカエデ(板屋楓)

山地に生え、高さは15〜20mになります。秋に黄葉するカエデの代表です。樹皮は暗灰色で平滑、老木は浅く縦裂します。葉は7〜15cmくらいで、5〜7裂します。枝は鮮褐色で、冬芽は濃紅紫色をなします。

分類カエデ科カエデ属
時期
123456789101112
      開花時期 開花時期 葉緑時期 葉緑時期 葉緑時期 紅葉時期 紅葉時期 紅葉時期  
エリア園内全域
分布域北海道・本州・四国・九州
名前の由来・別名「板屋楓」。葉がよく茂って、板でふいた屋根のように雨がもらないことからこの名が付けられました。別名「イタヤ」、「トキワカエデ(常盤楓)」
その他日本のカエデ属のなかでは、いちばん甘い樹液を出し、タバコの香料にも使われています。

このページの先頭に戻る