公園のは虫類

は虫類

アオダイショウ / Elaphe climacophora

写真:アオダイショウ

全長が1-2.5mで、日本産では最も大きいヘビです。3mに達する個体も報告されています。全体的に青みを帯びた色をしています。民家にも居住するのでよく目に付きます。ネズミを食べるので保護される一方、鳥の卵を食べるので養鶏家からは嫌われます。

分類ナミヘビ科ヘビ属
時期春〜秋
エリア園内全域
分布域全国
形態・見た目全長1-2.5m。
その他幼蛇は斑紋がマムシに似ているため、しばしば間違えられます。アルビノ*は白蛇と言われ、地方によっては神の使いとして信仰の対象であり、特に岩国では国の天然記念物となっています。昔は、長岡付近でも民家の土壁の中に生息していることが多く、家の建て替えなどで大量にみつかり、庭に供養塔や祠(ほこら)が建てられることがありました。
*アルビノ = 先天的に皮膚・毛髪・目などのメラニン色素が欠乏あるいは欠如している個体

このページの先頭に戻る