公園のほ乳類

ほ乳類

タヌキ / Nyctereutes procynoides

写真:タヌキ

体重は3-9kg。住宅地周辺から水田部、山野に広く生息します。高い山の上に棲むことはあまりありません。鳥類、野ネズミ類などの小型動物、昆虫、果実などを食べます。特に、土の中にいる甲虫の幼虫やミミズなどを多く食べます。1ヶ所にまとめて糞をする習性があり、ため糞と言われます。

分類ネコ目イヌ科
時期通年
エリア園内全域
分布域全国
生息域住宅地周辺から水田部、山野に広く生息します。亜高山帯上部に棲むことはあまりありません。
形態・見た目体重3-9kg、頭胴長46-68cm、尾長13-19cm。
餌とする対象鳥類、野ネズミ類などの小型動物、昆虫、果実など。特に、土壌にいる甲虫の幼虫やミミズなどをよく食べます。
その他夜行性であるため、長岡市街を夜徘徊していることがあります。足跡は3.5-4.0cmで梅の花のような形をしています。歩幅は40-60cmで左右にジグザグに並ぶことが多くあります。愛らしいイメージがあり、親しみをもたれていて、餌をやるような人がいますが、病気を媒介することもあり、野生動物に餌付けなどをすべきではありません。

このページの先頭に戻る