公園の昆虫

名前 季節 説明
アオスジアゲハ(青条揚羽) 春〜秋 黒い羽に青い筋があるのですぐにわかります...
アキアカネ 春〜秋 体長約40mm。夏は山地で過ごし、秋になると平野に降りてきます...
イトトンボ類 春〜秋 小さくて細い糸のようなトンボです。クロイトトンボ、オオイトトンボ、キイトトンボ、アジアイトトンボ、モートンイトトンボ、オゼイトトンボなどが見られます...
ウマオイ(馬追) 春〜秋 体長約30mm。平地から山地の低木や草むらで見られます...
エンマコオロギ(閻魔蟋蟀) 春〜秋 体長約30mmで、最も普通にみられるコオロギ。山野や人家の近く、耕地などにいます...
オオイトトンボ 春〜秋 浮葉植物の多い開放的な湿地に多く生息します...
オオスズメバチ(大雀蜂、大胡蜂) 春〜秋 働き蜂は体長約27~37mm。女王蜂は体長45mmになる世界最大のスズメバチです...
オニヤンマ 春〜秋 体長約90mmで日本で一番大きいトンボ。丘陵から山地にかけて見られます...
オンブバッタ 春〜秋 体長約22mm~35mm。平野部にいます。メスの上にオスが乗っていることが多いので「おんぶ」バッタと言われています...
カブトムシ 春〜秋 体長約30~50mmで、日本のコガネムシ類では最大の種です...
カラスアゲハ 春〜秋 全体に青みを帯びた黒色のアゲハチョウです...
カワトンボ類 春〜秋 イトトンボより大きいが細長いトンボ。ヒガシカワトンボ、ハグロトンボなどが見られます...
キアゲハ(黄揚羽) 春〜秋 アゲハチョウ(ナミアゲハ)とよく似ていますが、羽の付け根が黒いので区別できます...
キイトトンボ 春〜秋 イトトンボの中では腹部が太くがっしりした体型をしているトンボです...
キイロスズメバチ 通年 体長は働きバチで約17~25mm。崖や橋の下などに巣を作ります...
ギフチョウ 羽に黒と黄色の縞模様があります。新潟県内の山地から麓にかけて広く見られます...
クジャクチョウ 春〜秋 年に普通2回発生し、7月頃から周年見られ、成虫で越冬します...
クロスジギンヤンマ 春〜夏 春から現れる美しいトンボ。ギンヤンマに似ていますが、こちらの方が黒っぽく、胸に2本の黒いすじがあります...
ゲンジボタル(源氏蛍) 6〜7月ごろ、林に沿った清らかな水辺で観察することができます...
コムラサキ 春〜夏 オスの翅表は光りの具合によって美しい紫色に輝きます...
シオカラトンボ 春〜秋 体長約55mm。メスは黄色くてムギワラトンボと言われます...
シオヤトンボ 春〜夏 成熟成虫は、平地から山地にかけての水田、池沼、湿地で見られます...
トノサマバッタ(殿様飛蝗) 春〜秋 体長35mm~50mm。メスの方が大きめです。平野部、特に荒れ地に見られます...
ノコギリクワガタ 春〜秋 体長はオスで約25~45mm、メスで約24~30mm。幼虫は朽ちた木に棲みます...
ノシメトンボ(熨斗目蜻蛉) 夏〜秋 はねの先に黒かっ色のはん点があるアカトンボです...
ヘイケボタル(平家蛍) ゲンジボタルよりも小型で、水田などの流れの少ない水辺に生息しています...
ミヤマカラスアゲハ(深山烏揚羽) 春〜秋 カラスアゲハによく似ていますが、平野部からかなり高山まで見られ、和名は「深山カラスアゲハ」です...
ミヤマクワガタ 春〜秋 体長はオスで30~50mm、メスで35mm程です。幼虫は朽ちた木に棲みます...
ムカシヤンマ 春〜秋 体長約60mm。環境の変化に弱く、最近では数が減っていますが、新潟県内では魚沼丘陵地を中心に比較的よく見られます...
メスグロヒョウモン 夏〜秋 メスとオスで色ともようが全く異なりメスは黒く光沢のある青緑色のため、この名がつきました...
モノサシトンボ 春〜秋 おなかの節が白く、目盛りのように見えるのでこの名がつきました...
モンキチョウ 春〜秋 モンシロチョウとよく似ている黄色い蝶。幼虫はシロツメクサ、ウマゴヤシ、エンドウ、ニセアカシアなどマメ科の植物を食べます...
モンシロチョウ 春〜秋 一番身近な白い蝶です。幼虫は青虫と言われ、キャベツなどアブラナ科の植物を食べます...
ヨモギハムシ(蓬葉虫) 春〜秋 体長は約8mmで体は濃く暗い藍色をしています...
ルリタテハ 春〜秋 中型のタテハチョウ。羽の表面は藍黒色の地色に前後翅をつらぬくルリ色の帯を装います...

このページの先頭に戻る