公園の昆虫

昆虫

ギフチョウ / Luehdorfia japonica

写真:ギフチョウ

羽に黒と黄色の縞模様があります。新潟県内の山地から麓にかけて広く見られます。幼虫はコシノカンアオイを食べます。成虫は早春にあらわれて、スミレやカタクリの蜜を吸います。夏から冬までを蛹(さなぎ)で過ごし、春にあらわれるため、「春の女神」と言われています。

分類チョウ目アゲハチョウ科
時期
エリア園内全域
分布域本州(西日本と日本海側に多い)
生息域山地から麓にかけて
餌とする対象幼虫はコシノカンアオイを食べます。成虫は早春に現れて、スミレやカタクリの花を訪れて蜜を吸います。
その他県内には上越地方の一部にヒメギフチョウが生息しています。後翅の模様が若干異なります。春先しか見られない蝶です。

このページの先頭に戻る