公園の草花

今花が旬の植物

名前 季節 説明
アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み) 春〜秋 河川敷や水辺や溝に多く見られます。下部は地面を這って、上部は立ち上がり、他のものにからみついて1mほどになります...
アキノキリンソウ(秋の麒麟草) 夏〜秋 黄色の花が穂状にたくさんつきます。秋に花を咲かせる種類の代表的なものです...
キバナアキギリ(黄花秋桐) 薄い黄色の花を何段にもつけます。花はくちびる型をしています...
ツリフネソウ(釣船草) 夏〜秋 あざやかなピンクの花がほかけ舟をつり下げたように見えることから、この名がつきました...
フユノハナワラビ(冬の花蕨) 冬緑性のシダ植物で、9〜10月に葉を出します...
ミゾソバ(溝蕎麦) 春〜秋 湿ったところに見られる一年雑草です。ミゾソバは山地において大型となり、かつてはオオミゾソバと言われました...
ヤクシソウ(薬師草) 秋に発芽する越年草です。翌年の秋に花を咲かせ、枯れます...
リンドウ(竜胆) 晩秋までみられる濃紫色の花です。花は茎の上のほうにかたまってつき、太陽のほうを向いています...

今紅葉&実りが旬の植物

名前 季節 説明
ヌスビトハギ(盗人萩) 夏〜秋 マメ科の多年草です。葉は卵型〜長卵型の3小葉からなります...

その他の植物

名前 季節 説明
アズマシロカネソウ うつむき加減に咲く小さな花は、黄緑色で外側が紫色を帯びています...
オウレン 常緑の多年草です。早春に白い花を咲かせます...
オオイワカガミ(大岩鏡) ぴかぴかした丸い葉がかたまって生えているので花がなくてもよく目立ちます...
オオバキスミレ 春に黄色の花をつけるスミレです。葉はハート型で、長さ5〜10cmと大型です...
オオバギボウシ(大葉擬宝珠) 白〜淡紫色の漏斗型(ろうと)の花を横向きにたくさんつけます...
オオミスミソウ(大三角草) オオミスミソウは「雪割草」の園芸名でよく知られています...
オカトラノオ(丘虎尾) 日当たりのより草原に生育する多年草です。
オトコエシ(男郎花) 夏〜秋 オミナエシより全体的に大きく、8-9月に白い花をつける...
カタクリ 里山に春を告げるユリ科の多年草です。北向きの斜面下部などに群生します...
キクザキイチゲ 春〜夏 早春の落葉広葉樹林や林縁に薄青紫色〜白色の花を咲かせます...
クルマユリ(車百合) 針葉樹林帯の雪崩斜面や雪田、ブナ林の沢筋などに生育します...
コシジシモツケソウ(越路下野草) 初夏にピンク色の小さな花をたくさん咲かせます...
コシノカンアオイ 通年 常緑の草本で、葉には光沢があります。地表近くにハート型の葉をつけます...
コシノチャルメルソウ 春〜秋 早春に花をさかせます。黄緑色の花は茎の上のほうにならんでつきます...
コバギボウシ(小葉擬宝珠) オオバギボウシに似ていますが、葉が小さい種です...
サイハイラン 春〜夏 紅紫色を帯びた花が下向きにたくさんつきます...
サワオグルマ (沢小車) 春〜夏 あぜや休耕田に太いくきをスクッと立てて黄色い小花を咲かせます...
シシガシラ 通年 道の脇によく見られ、地面に貼り付くように漏斗状に葉を拡げた常緑のシダです...
ショウジョウバカマ(猩々袴) 山地の谷沿いや林野の湿ったところに生える多年草です...
ジャノヒゲ(蛇の髭) 夏〜冬 晩秋にコバルト色の実をつけているのがみられます...
スギナ(杉菜) 春〜秋 夏緑性のシダで、冬には枯れます。酸性土壌に多く発生するので、指標植物とされています...
スミレサイシン 大型の紫色のスミレで、花の直径は2〜2.5cm程度あります...
センニンソウ(仙人草) 夏〜秋 つる性の半低木です。秋に咲く花は白色です...
ゼンマイ 春〜秋 夏緑性のシダで、冬には枯れます。葉には2形があり、一般に「おとこぜんまい」といわれているものは胞子葉、「おんなぜんまい」といわれているものは栄養葉です...
ソバナ(岨菜) 夏に紫色の釣鐘状の花を茎の上のほうにたくさんつけます...
タチツボスミレ 春に咲く紫色のスミレです。これと似た種にオオタチツボスミレがあります...
チゴユリ(稚児百合) 春〜夏 丘陵や低山の明るい林内などに生えます。花は5〜6月、茎の先に白い花が下向きに1個つき、斜めに傾いている姿はお辞儀でもしているようです...
ツボスミレ スミレの仲間の中では最も花の時期が遅いスミレです...
ツルリンドウ(蔓竜胆) 夏〜秋 つる性の草で、晩秋には真っ赤に熟した実がよく目立ちます...
トキワイカリソウ 多雪地の明るい林内や林縁に点々と生えています...
ナガハシスミレ 春に咲く紫色のスミレです。タチツボスミレの仲間ですが、花の距(きょ)が天狗の鼻のように長く伸びるのが特徴です...
ニリンソウ 早春に白い花が2つ咲きます。山麓の林縁や明るい林の中、草地などの、やや湿ったところに生え、しばしば群生します...
ネコノメソウ(猫眼草) 花や実の形が猫の目に似ているのでこの名がつきました...
ノキシノブ 通年 常緑性のシダで、大きな木や岩、人家の庭木や石垣などに着生します...
ノハナショウブ(野花菖蒲) やや湿った草原や湿原に生えるアヤメ科の多年草でハナショウブ(花菖蒲)の原種です...
ホクリクネコノメソウ 沢沿いなどの湿ったところによく群生します...
マキノスミレ 濃紅紫色の花を咲かせるスミレです。葉は細長い三角形〜ハート型で、先端を上に向けてぴんと立ち上がるのが特徴です...
ミヤマウズラ(深山鶉) 夏〜秋 花は、淡いピンク色で、7〜12花を一方向に偏ってつけます...
ヤマユリ(山百合) 大きな白い花をつけるユリです。長岡の山ではよく見られます...
ユキワリソウ(雪割草) 「雪割草」は、キンポウゲ科ミスミソウ属の園芸名です...
ワラビ 春〜秋 夏緑性のシダで、冬には枯れます。若葉は山菜としてよく知られています...

このページの先頭に戻る