公園の草花

草花

オオバキスミレ / Viola brevistipulata

写真:オオバキスミレ

春に黄色の花をつけるスミレです。葉はハート型で、長さ5〜10cmと大型です。キスミレの仲間は高山帯に生えますが、この種だけが低山にも分布しています。林床や林縁のやや湿ったところに生育し、しばしば群生しています。日本海要素の植物です。

分類スミレ科スミレ属
時期
123456789101112
      開花時期 開花時期              
エリア園内全域
分布域北海道・本州(北部〜近畿地方北部の日本海側)。
形態・見た目高さ15〜30cm。地下茎から出る根出葉はわずかで、花の時期にはないこともあります。茎は直立し、上のほうにハート型の葉を3〜4個つけます。茎の先端に黄色の花をつけます。
名前の由来・別名大きい葉の黄色いスミレという意味です。

このページの先頭に戻る