1. トップページ
  2. 花と生きもの
  3. 草花
  4. オオイワカガミ(大岩鏡)

公園の草花

草花

オオイワカガミ(大岩鏡) / Schizocodon soldanelloides var. magnus

写真:オオイワカガミ(大岩鏡)
写真:オオイワカガミ(大岩鏡)
写真:オオイワカガミ(大岩鏡)

ぴかぴかした丸い葉がかたまって生えているので花がなくてもよく目立ちます。花は5月頃、淡紅色の花が数個下向きにつきます。多雪地のブナ林などの林床にはえる多年草です。

分類イワウメ科イワカガミ属
時期
123456789101112
      開花時期 開花時期              
エリア自然探勝路中腹(500m)〜最高点
分布域北海南部、本州(中部までの日本海側)
形態・見た目葉が大型で長さと幅が8〜12cmあり鋸歯が目立ちます。丈も30cmにもなります。
名前の由来・別名常緑の葉につやがあり固く、光を照り返すので岩鏡の名が付きました。

このページの先頭に戻る