1. トップページ
  2. 花と生きもの
  3. 草花
  4. ミヤマウズラ(深山鶉)

公園の草花

草花

ミヤマウズラ(深山鶉) / Goodyera schlechtendaliana

写真:ミヤマウズラ(深山鶉)

花は、淡いピンク色で、7〜12花を一方向に偏ってつけます。卵形の葉が茎の下のほうに数枚つきます。葉は厚く表面は暗緑色で網目状の白斑が入ることが多いです。やや乾いた林の中に生えます。

分類ラン科シュスラン属
時期
123456789101112
              開花時期 開花時期      
エリア園内全域
分布域北海道中部〜九州・奄美大島。朝鮮・中国。
形態・見た目茎は地表付近を這います。先は直立して、2〜5枚の卵型の葉を放射状に交互につけます。葉の表面は暗緑色で、網目状の白い斑紋が入ることが多いです。裏面は白緑色です。淡いピンク色で、7〜12花を一方向に偏ってつけます。
名前の由来・別名白い斑の入った小型の葉をウズラの羽の模様に見立てたことから名がつけられました。
その他錦蘭の名で、江戸時代後期にはやりました。葉に現れる様々な斑が鑑賞の対象とされました。

このページの先頭に戻る