1. トップページ
  2. 花と生きもの
  3. 草花
  4. アズマシロカネソウ

公園の草花

草花

アズマシロカネソウ / Dichocarpum nipponicum

写真:アズマシロカネソウ

うつむき加減に咲く小さな花は、黄緑色で外側が紫色を帯びています。2色のコントラストが大変きれいな花です。花のあとにできる実は2つがくっついて魚の尾のような形をしています。山地の沢沿いや湿ったところに生える多年草です。

分類キンポウゲ科シロカネソウ属
時期
123456789101112
      開花時期 開花時期              
エリア園内全域
分布域本州(秋田県〜福井県までの日本海側)。
形態・見た目高さ10〜25cm程度です。葉は茎に向かい合ってつきます。葉は鳥足状に分裂します。花はわずかに開き、垂れ下がって咲きます。黄緑色で外側が紫色を帯びます。2個の実がくっついてつき、魚の尾のように見えます。
名前の由来・別名東白銀草と書きます。東日本に多いシロカネソウの仲間という意味で、シロカネソウは白い花です。

このページの先頭に戻る