1. トップページ
  2. 花と生きもの
  3. 草花
  4. ヌスビトハギ(盗人萩)

公園の草花

草花

ヌスビトハギ(盗人萩) / Desmodium podocarpium ssp. oxyphyllum

写真:ヌスビトハギ(盗人萩)

マメ科の多年草です。葉は卵型〜長卵型の3小葉からなります。花はピンク色で茎の上部に伸びた花穂にまばらにつきます。実は半月型が2個連なった形をしていて、表面にかぎ状の毛があるので、人や動物にくっつきます。これがヌスビトハギの種子散布戦略です。林縁や道端などに生えます。

分類マメ科ヌスビトハギ属
時期
123456789101112
            開花時期 開花時期 紅葉時期 紅葉時期    
エリア園内全域
分布域北海道〜琉球。朝鮮・中国・ヒマラヤ・ビルマ。
公園内の生育環境林道脇などによく見られます。
形態・見た目高さ30〜120cm。葉は茎に交互につき、長い柄があり、卵型〜長卵型の3小葉からなります。花はピンク色で茎の上部に伸びた花穂にまばらにつきます。実は半月型が2個連なった形をしていて、表面にかぎ状の毛があるので、人や動物にくっつきます。
名前の由来・別名実の形が盗人の足跡の形に似ているということから名づけられました。

このページの先頭に戻る