1. トップページ
  2. 花と生きもの
  3. 草花
  4. トキワイカリソウ

公園の草花

草花

トキワイカリソウ / Epimedium sempervirens

写真:トキワイカリソウ
写真:トキワイカリソウ

多雪地の明るい林内や林縁に点々と生えています。葉をつけたまま越冬するため、雪解けと共に春の日を浴びて葉が活動し、4月下旬から5月中旬頃に白色の花を咲かせ、新しい葉も一緒に見られます。

分類メギ科イカリソウ属
時期
123456789101112
      開花時期 開花時期              
エリア自然探勝路中腹(500m)〜最高点
分布域北海道、本州
形態・見た目葉は2回3出複葉で、小葉はやや硬く、卵形で、縁には刺状の毛が生えています。茎の高さは20〜60cmです。
名前の由来・別名「常磐碇草」。葉が常緑で花の形が碇に似ていることからこの名前が付きました。

このページの先頭に戻る