公園の草花

草花

サイハイラン / Cremastra appendiculata

写真:サイハイラン

紅紫色を帯びた花が下向きにたくさんつきます。この様子が戦国時代に武将が指揮につかった采配(さいはい)に似ることから命名されました。ラン科の中では比較的よく目にする種類です。林床の日陰の湿ったところに生育します。

分類ラン科サイハイラン属
時期
123456789101112
        開花時期 開花時期            
エリア園内全域
分布域北海道〜九州。南千島・樺太南部・朝鮮南部・中国・ヒマラヤ。
形態・見た目高さ30〜50cmの多年草。卵形の球根から根生葉を1〜2枚出します。根生葉は、長い楕円形で長さ15〜35cm、光沢があります。球根から花茎を出し、紅紫色を帯びた花を下向きに多数咲かせます。
名前の由来・別名花が下向きにたくさんついた様子が戦国時代に武将が指揮につかった采配(さいはい)に似ることから命名されました。
その他乾燥した根茎を煎じて服用すると、胸やけ、胃腸カタルに効くとされています。

このページの先頭に戻る