公園の草花

草花

ソバナ(岨菜) / Adenophora remotiflora

夏に紫色の釣鐘状の花を茎の上のほうにたくさんつけます。山地斜面のやや湿った林床や草地に生育します。

分類キキョウ科ツリガネニンジン属
時期
123456789101112
              開花時期        
エリア園内全域
分布域本州・四国・九州。朝鮮・中国東北部・ウスリー。
形態・見た目高さ50〜100cmの多年草。茎は直立しますが、やがて上のほうが一方に傾いていきます。葉は茎に互い違いにつき、長い楕円形で縁にするどいぎざぎざがあり、柄があります。茎の上のほうに円錐形に広がった花序を出し、釣鐘状の紫色の花を下向きにたくさんつけます。
名前の由来・別名由来は定かではありません。そば(急な崖:がけ)に生える菜ということから、葉がソバに似ていることから、など多説あります。
その他若い茎や葉は山菜として食用になります。

このページの先頭に戻る