公園の鳥類

鳥類

ヒヨドリ / Hypsipetes amaurotis

写真:ヒヨドリ

全身が灰色の中型の鳥です。頬に赤茶色の丸い斑紋があります。木の実や草の実のほか、昆虫類も食べます。平地〜山地の林のあるところならたいてい目にすることができます。「ピィーヨ、ピィーヨ」と甲高い声で鳴きます。一年中見られますが、冬には暖地へ移動するものも多いです。

分類スズメ目ヒヨドリ科
時期通年
エリア園内全域
分布域全国に分布。北方にいるものは冬期になると南下し移動します。
形態・見た目28センチくらいで、尾が長い灰色の鳥です。頬に赤茶色の丸い斑紋があります。頭部の羽毛がやや明るい灰色の長めで、威嚇するときなど羽毛が立っています。
鳴き声「ピーヨ、ピーヨ」「ピージュクジュクジュッ」
特徴的な生態樹木のある市街地や低地から山地まで樹木のあるところで生活します。最も市街地に良く見られる野鳥の1種です。一年中見られますが、冬には暖地へ移動するものも多いです。花の蜜や果実を採食する他、昆虫類も捕食します

このページの先頭に戻る