公園の鳥類

鳥類

イカル / Eophona personata

写真:イカル

黄色く太い大きなくちばしと、黒い頭が目立ちます。また、飛ぶと翼の白い斑点が目立ちます。木の実や昆虫などを食べます。低山帯の落葉広葉樹林に生息しますが、北方に生息するものは冬には暖地に移動します。

分類スズメ目アトリ科
時期春〜秋
エリア園内全域
分布域九州以北
形態・見た目雌雄同色で、翼の白斑を目立たせて浅い波形を描いて飛びます。
鳴き声ピピパピピー、キーコーキーと、よく通る澄んだ声で鳴きます。
特徴的な生態夏秋は山地で多く見られます。冬には温暖な低地から山地の林に群れで生息し、落葉広葉樹林で繁殖します。主に樹上でヌルデ、サクラ、カエデなどの木の実や種子を食べます。堅い実をくちばしにくわえ、舌で上手に回してついばむので「まめまわし」とも呼ばれています。
その他奈良の斑鳩(いかるが)の里は、昔イカルがたくさんいたところから名づけられたらしいのですが、当時のイカルがこのトリかどうかは不明です。

このページの先頭に戻る