ディスクゴルフ

写真:ディスクゴルフ

銀河の丘からフォリーの丘にかけて全9ホールのコースを設置。

花と緑の館インフォメーションにてディスクの無料貸し出しとスコアカードの配布を行っています。

ディスクゴルフのルール

基本ルール

写真:ディスクゴルフ

ゴール

  1. ディスクゴルフは、ボールのかわりにディスクを投げ、専用のゴールに 何投で入れられるかを全18ホール(または9ホール)のトータルスコアで競うスポーツです。
  2. 1投目はティー・ラインの後ろから投げ、2投目以降はディスクが止まった地点にマーカー・ディスクでマークをし、そこから投げます。
  3. ディスクは転がしてもすべらせても構いません。また何枚かのディスクを用意し、状況に応じて1投ことにディスクを使い分けることもできます。

投げる順番

  • 通常4人1組でラウンドします。1番ホールのティー・ショットはじゃんけんで順番を決め、2役目以降は投数に関係なく、ゴールより遠い人から先に投げます。
  • 2番ホール以降のティー・ショットは、前のホールでスコアの良かった人から順に投げます。もし同スコアの場合はさらに前のホールにさかのぼり、スコアの良い人から投げます。

OBやペナルティ

  • OB区域内(道路上や川。立入禁止区域など)にディスク全体が止まった場合はOBで、1ペナルティが課せられ、OB区域に入った地点から次のスローをします。
  • 木の上にディスクが止まった場合は真下にマークをし、そこから通常のプレーを続けます。

このページの先頭に戻る