自然探勝路

もみじの種類・違い

写真:紅葉

自然が繰り広げる秋の一大イベント-紅葉。赤に黄色に私たちの目を楽しませてくれる“もみじ”達も、よ〜く見ると色だけでなく形や大きさなど、1つ1つ個性豊かなものです。さあ、探勝路内に生息する“もみじ”について一緒に見てみましょう。

ヤマモミジ

昔、葉が紅葉することを「紅葉づ(もみづ)」と言ったことが語源の“もみじ”。中でも赤ちゃんの手を広げたような形のものが大変好まれ、観賞されたことから“もみじ”といえば、この形のものを呼んでいます。(ちなみに“もみじ”はカエデ属カエデ科。植物学の分類上は“もみじ”という科も種もありません。)ヤマモミジは日本海側の山地に生える種で、まさに“もみじ”という美しい形をしています。

イタヤカエデ

“かえで”の語源は「蛙手(かえるて)」が転じたものであり、カエルの様に水かきが付いた手をイメージしていると考えられています。イタヤカエデはヤマモミジに比べると切れ込みが浅く、両者を並べるとこのことがよく理解できるでしょう。また、イタヤカエデは葉の縁にギザギザが無い非常に珍しい種であることや、樹液からメープルシロップを作ることができることなどの特徴があります。

このページの先頭に戻る