香りのばら園

越後丘陵公園のばら園

花

写真:香りのばら園
写真:香りのばら園

香りのばら園は各テーマに沿った7エリアで構成されています。その中の『香りのエリア』では“ばらの魅力を香りで”をテーマに、芳醇な四季咲き性種を中心に現在6種類に分類されているばらの芳香を香り成分別に植え込み、つるばらを立体的な扇状造形で仕立てています。

なお、当ばら園は(株)北陸製作所(長岡市下々条)所有のばら園が平成13年6月に閉園したことに伴い、このばらの存続を望む沢山の方々の要望を受けた長岡市の仲介により、当公園がこのばらの寄贈を受け、それを基に平成15年5月24日に誕生しました。

豊かな香りと歴史に包まれて、どうぞごゆっくりとお過ごしください。

協力:新潟ばら会、(株)資生堂

ばら園のエリア

越後丘陵公園のばら園は、モダンローズを主に植栽している『香りのエリア』『色彩のエリア』『ばらと草花のエリア』と、古代ばらの栽培品種の系統がご覧いただける『原種・オールドローズのエリア』、日本の野生ばらのみを植栽している『日本の野生ばらのエリア』、国際香りのばら新品種コンクールの『試作場』のエリアで構成しています。

ボランティア

ばらボランティアの会『ばらボラ・ECHIGO』

写真:里山ボランティア

ばらの栽培は病気、剪定、肥料、シュート処理等多くの知識を必要とします。そのため当公園では新潟ばら会より講師の方々をお招きし、ばらの栽培指導を実施してきました。各作業には各々に必ず意味と意義があることを理解してもらい作業に携わっていただいています。会員の中には北陸製作所のばらの存続を望んだ方々も多く、花見が趣味だったという方が、今ではばらの栽培技術を習得し、ばらボランティアとして大活躍しています。

活動後のお茶会ではばらの話で花が咲きます。平日は小数精鋭で活動しており、ばらの担当者に直接マンツーマンで指導してもらえると大好評です。

このページの先頭に戻る