カタクリの花の大群落

里山に春を告げるユリ科の多年草です。北向きの斜面下部などに群生する早春植物の代表です。越後丘陵公園では里山フィールドミュージアムの「花の森」古民家付近に、2haの大群生地があり、平成21年春から約100万株のカタクリを見ることができます。

冬枯れの林の下一面が葉の緑で覆われ、淡いピンク色のカタクリの花がたくさん咲く様子には春の息吹が感じられます。

写真:カタクリの花

写真:カタクリの花

写真:カタクリの花

写真:カタクリの花

写真:カタクリ群生

写真:カタクリ群生

見ごろ時期
4月中旬〜下旬
※開花時期は気候により変化します
見られるところ
里山フィールドミュージアム 花の森
イベント
ユキツバキやカタクリなど、自生する里山の植物の観察会が開催されます。

写真:里山の自然観察会

里山ガイドウォーク

このページの先頭に戻る