国際香りのばら新品種コンクール 第8回受賞作品

国際香りのばら新品種コンクール」は、日本国内はもちろん世界各国のばらの育種家から、毎年新品種の香りのばらを公募し、積雪・寒冷地である当公園において2年間同じ条件の下で育てられ、その後、ばらや香りの専門家で構成される審査委員会によって、2年目の春と秋に審査が行われ、その年の受賞品種が決定されます。

各賞として、4つに区分された応募対象品種毎に金賞・銀賞・銅賞が授与される他、特別賞として、金賞を受賞した品種のうち最高得点を得た品種に「国土交通大臣賞」、金・銀・銅賞を受賞した品種のうち「香り」部門での最高得点を得た品種に「新潟県知事賞」、また、一般来園者による人気投票で最も得票の多かった品種に「長岡市長賞」が授与されます。

HT(ハイブリッド・ティー)系

Entry No. 品種名 作出者
金賞 1 ‘Etienne’ Richard Huber AG(スイス)
銀賞 4 イーハトーブの風 吉池 貞藏(岩手県)
銅賞 42 スペース ナオコ 有坂 英一(新潟県)
長岡市長賞 47 RT08973 Rosen Tantau(ドイツ)

F(フロリバンダ)系

Entry No. 品種名 作出者
金賞/国土交通大臣賞 37 イーハトーブの香 吉池 貞藏(岩手県)
銀賞/新潟県知事賞 50 ZENfulavender 河合 伸志(神奈川県)
銅賞 26 KOR(s)(KO 06/2134-06) W.Kordes'Söhne Rosenschulen GmbH & Co KG(ドイツ)

S(シュラブ)系

Entry No. 品種名 作出者
金賞 63 パブ ロック 忽滑谷 史記(埼玉県)
銀賞 72 シェエラザード 木村 卓功(埼玉県)
銅賞 67 ロイヤル ジュビリー David C.H. Austin(イギリス)

Min(ミニチュア)系

Entry No. 品種名 作出者
金賞/銀賞/銅賞 該当なし

HT:ハイブリッド・ティー系

金賞

写真. ‘Etienne’金賞

Entry No. 1

品種名
‘Etienne’
作出者
Richard Huber AG(スイス)
花の特徴
すっきりしたカップからロゼット型へと咲き進むとともに、花色はアプリコットピンクから淡いピンクに変化する。側蕾が多く房咲きとなる品種。
香りのタイプ
ダマスク・クラシック
~咲き始めは柔らかな粉っぽさ、次第に爽やかな葉っぱ様とスミレ様のグリーン感に変わり、開花と共にベリー様のフルーツ感と蜜様の甘さが増してくるバラらしい王道の香り~

銀賞

写真. イーハトーブの風銀賞

Entry No. 4

品種名
イーハトーブの風
作出者
吉池 貞藏(岩手県)
花の特徴
サーモンピンク色のグラデーションが美しく、整った花型が端正でおおらかな感じがする正統派のHT系品種。
香りのタイプ
ティー
~初めから最後までピーチ様のフルーツ感と爽やかなゼラニュームのハーブニュアンスのある心休まるティーローズの香り~

銅賞

写真. スペース ナオコ銅賞

Entry No. 42

品種名
スペース ナオコ
作出者
有坂 英一(新潟県)
花の特徴
巨大輪となり、明るいピンク色の花弁は華やかで照葉とマッチして美しく輝く。
香りのタイプ
ティー
~咲き始めはスミレ様の深いグリーン感を強く感じ、次第にベリー様のフルーツ感や蜜様の甘さが増してくると華やかさが加わる上品なティーローズの香り~

長岡市長賞

写真. RT08973

Entry No. 47

品種名
RT08973
人気投票において、有効投票数1342票のうち最多の83票を獲得
作出者
Rosen Tantau(ドイツ)
花の特徴
花型は咲き終わるまで乱れない。すっきりした緋赤色で花弁数の多い花は沢山のバラの中にあってもひときわ存在感を発揮する。
香りのタイプ
ティー
~咲き始めは爽やかなヒヤシンス様のグリーン感とアップル様のフルーツ感を感じる柔らかで上品なティーローズの香り~

F:フロリバンダ系

金賞 / 国土交通大臣賞

写真. イーハトーブの香金賞

Entry No. 37

品種名
イーハトーブの香
作出者
吉池 貞藏(岩手県)
花の特徴
散るまでカップ咲きの花型は崩れることなく、アプリコットから濃ピンクに変化してゆく。多花性で黄緑の葉は花色とマッチしてかわいい。年中、花数が減ることなく咲き続ける。
香りのタイプ
ダマスク・モダン
~柑橘レモンの香りと柔らかなティーのアクセントが微妙なニュアンスを持つ華やかな甘さと爽やかさのバランスが良いバラらしい香り~

銀賞 / 新潟県知事賞

写真. ZENfulavender銀賞

Entry No. 50

品種名
ZENfulavender
作出者
河合 伸志(神奈川県)
花の特徴
花縁がわずかにフリルで波打つ淡いラベンダー色で、ほどよい花弁数とマッチして妖艶で美しい。
香りのタイプ
ブルー
~咲き始めはヒヤシンス様のグリーン感とグリーンアップル様のフルーツ感で始まり、次第に蜜様の甘さが増してくるコクと優しさのあるブルーローズの香り~

銅賞

写真. KOR(s)(KO 06/2134-06)銅賞

Entry No. 26

品種名
KOR(s)(KO 06/2134-06)
作出者
W.Kordes'Söhne Rosenschulen GmbH & Co KG(ドイツ)
花の特徴
波打つ花弁で明るいマゼンタ系ローズピンクに絞りが入る花は細長い葉形とバランスがとれ美しい。
香りのタイプ
ダマスク・クラシック
~アプリコット様の甘酸っぱいフルーツの香りと蜜様の甘さ、葉っぱ様のグリーン感がバランスよく調和した上品で優しいバラらしい香り~

S:シュラブ系

金賞

写真. パブロック金賞

Entry No. 63

品種名
パブ ロック
作出者
忽滑谷 史記(埼玉県)
花の特徴
蕾から満開まで球状の花が崩れず美しく、マゼンタピンクの花色は咲ききるまであせない。
香りのタイプ
ブルー
~爽やかなグリーンアップル、アプリコット様のフルーツ感と蜜様のローズらしい甘さが調和した豪華なブルーローズの香り~

銀賞

写真. シェエラザード銀賞

Entry No. 72

品種名
シェエラザード
作出者
木村 卓功(埼玉県)
花の特徴
丸味をおびた紫がかるピンク色の花弁は、弁先が尖がり花色が淡くなる。ひと枝でブーケになるほど多花性品種。
香りのタイプ
ダマスク・モダン
~咲き始めは軽いアイリス様の粉っぽさ、次第にクローブ様スパイシーやベリー様のフルーツ感が増してくる濃厚なバラの香り~

銅賞

写真. ロイヤル ジュビリー銅賞

Entry No. 67

品種名
ロイヤル ジュビリー
作出者
David C.H. Austin(イギリス)
花の特徴
花弁数が少ない中輪の繊細なバラで、花首が細くうなだれる姿が愛らしい。
花色はピンクで裏弁が淡い丸弁抱え咲き。
香りのタイプ
ダマスク・モダン
~瑞々しいスイカ様のフルーツと葉っぱ様のグリーンのハーモニーで始まり徐々に上品なティーのニュアンスや蜜様アクセントが加わって行く甘さが強いバラの香り~

審査講評

審査委員長:岐阜県立国際園芸アカデミー学長 上田 善弘

第8回の出品点数は74点と例年になく多く、ハイブリッド・ティー系統が30点、フロリバンダ系統は21点、シュラブ系統が18点、ミニチュア系統が5点と各系統が偏りなく出品されていました。

本年は高温に推移した春と雨が多く残暑のない夏と平年とは異なる気候でしたが、開花は順調に進行し審査することができました。そのような気候条件のなか、春と秋の2回の審査を行い、ミニチュア系統を除く3系統すべてで金、銀、銅賞を各1点ずつ、合計9点を選定しました。今回の審査の特徴として、受賞品種については高得点の高いレベルでの争いとなり、僅差の得点差での選考となりました。

フロリバンダ部門の金賞品種‘イーハトーブの香’(国土交通大臣賞)は、開花の進行に伴う花型と花色の変化が美しく、全形質においてバランスのとれた品種でした。ハイブリッド・ティー部門の金賞品種‘Etienne’はカップ咲きからロゼット咲きとなるピンク色の穏やかなバラで、どの形質も高い得点でした。シュラブ部門の金賞品種‘パブロック’は濃ピンク色で花弁数の多いボリューム感のある花で、香りの得点の高い品種でした。フロリバンダ部門の銀賞と新潟県知事賞を受賞した‘ZENfulavender’は、淡いブルーグレイ色のバラで、香りは最高得点でした。長岡市長賞を受賞した‘RT08973’は、華やかな緋赤色とそのかわいらしさが人目を引き来園者に好感を持たれたものと思われます。

審査副委員長:パフューマー 市川 祐司

第8回コンクールは、海外と国内を合わせて74品種の出品でした。春の暑さや雨が多く涼しい夏など厳しい気候にもかかわらず、今まで最高の入賞花数の金賞3点、銀賞3点、銅賞3点でした。入賞した花の香りのレベルは高く、複雑な香りがする花が多くありました。

総合最高得点で金賞と国土交通大臣賞を受賞したフロリバンダの品種名‘イーハトーブの香’は、ダマスク・モダン系で「柑橘レモンの香りと柔らかなティーのアクセントが微妙なニュアンスを持つ華やかな甘さと爽やかさのバランスが良いバラらしい香り」です。

シュラブの金賞を受賞した品種名‘パブロック’は、ブルー系で「爽やかなグリーンアップル、アプリコット様のフルーツ感と蜜様のローズらしい甘さが調和した豪華なブルーローズの香り」です。ハイブリッド・ティーの金賞を受賞した品種名‘Etienne’は、ダマスク・クラシック系で「咲き始めは柔らかな粉っぽさ、次第に爽やかな葉っぱ様とすみれ様のグリーン感に変わり、開花と共にベリー様のフルーツ感と蜜様の甘さが増してくるバラらしい王道の香り」です。香り部門の最高得点で銀賞と新潟県知事賞を受賞したフロリバンダの品種名‘ZENfulavender’は、ブルー系で「咲き始めはヒヤシンス様のグリーン感とグリーンアップル様のフルーツ感で始まり次第に蜜様の甘さが増してくるコクと優しさのあるブルーローズの香り」です。

なお長岡市長賞に選ばれた品種名‘RT08973’は、ティー系で「咲き始めは爽やかなヒヤシンス様のグリーン感とアップル様のフルーツ感を感じる柔らかで上品なティーローズの香り」です。

このページの先頭に戻る